History

 

 

それは、よく晴れた日の出来事…

 

同じ中学を卒業し、別々の高校に進学した二人は

共通の友人宅にて偶然にも再会する事になる。

 

当時、先輩のバンドでサポート的に参加はするものの

いまいちしっくり来ていない、ボーカルのユメノ

さっさとバンド活動を始めたいのだが、中々その気にさせる

ボーカルが見付からない、ギターのユウキ

 

そんな二人から巻き起こる、小さな田舎町から始まる

大き過ぎた夢に向かうトンでもストーリー

 

音楽業界に翻弄されながらも、必死に食らい付いて行く

その姿…あなたも彼らの足跡の承認になって下さい。

 

さぁ、それでは物語の始まりです。

 

 


 

新潟県三条市と言う小さな田舎町で、中学校時代に同級生だった、ボーカルYUMENOとギターYU-KIが偶然の再会によりBAND活動を始める。
コピーBANDから初めるが、すぐに市内のホールを満員にしてしまう。

 

 

そして、新潟市内に拠点を移し、1994年にはプロダクションを立ち上げ、自主制作にて1stフルアルバムを全国流通にてリリースをする。
その後は、都内を中心に県外へと活動の場を広げて行く。

 

ここで、より本格的な活動に対して、実力不足を感じていた

二代目ベーシストが脱退、三代目ベーシストとしてNIIKIEを迎える。

 

 

1996年にはTOY'S FACTORYより当時メジャーデビューの登竜門であったオムニバスアルバム
「Emergency express 1996」に「SPARK!!」で参加する。

 

そして、アルバム発売から4ヵ月後には、某プロダクションよりデビュー契約の話が舞い込む。

 

やっとの思いで掴みかけ、念願のメジャーデビューと思った矢先、
契約の直前3日前に事件は起きる、ドラムのTETSUYAが交通事故で突然他界してしまう………

 

 

 

張り裂けそうな日々が続き

今でも、この時の時間感覚がハッキリとしていない…

衝撃と絶望感を味わう。

 

 

 

その後、ドラムにYAMAKA JUNJIを迎えて上京を果たし、拠点を東京へと移すこととなる。

 

 

1998年には当時「ESP」グループのインディーズレーベル「ALINNOS RECORDS」より
ミニアルバム「LOW FAT RIDER」をリリースし、新宿LOFTではワンマンライブも行う。

 

発売キャンペーンのツアーも決まり

いよいよ、俺達の時代がやって来たかと、思うのもつかの間…

 

今度はベースのNIIKIEが原因不明の熱病に倒れ、ツアーは中止になってしまう。

 

 

実はこの時に、今は敏腕マネージャーとして、その手腕を振るう

我らがマーティンが、サポートベースとして緊急参加してくれ

なんとか、スケジュールをこなしていた事もあった。

 

 

1999年、不運続きではあったが、ギターYU-KIにはサポートギタリストとしての依頼が舞い込むようになり、BAND活動が停滞する中、なんとか突破口を見付けるべく、精力的に活動を続けるのだが…

やはり、上手くはいかない様で、田舎の母が難病指定の病にかかり、余命宣告を受けてしまう。

 

 

亡きメンバーへの想いと、母に迫る死との間に挟まれて、辛く苦しい日々が続くが、メンバーを残してひとり、田舎に帰る事を選んでしまう。

 

この時が2000年である。

こうして、事実上の活動休止となり、パズルはバラバラに引き裂かれてしまう…

 

 

 

 

それから、16年の月日が流れ

 

2016年、突然ベースNIIKIEからギターYU-KIに電話が入る
「2018年には、アルバムLOW FAT RIDERが発売されてから20年になるから、記念ライブを演らないかい?」との話し…

 

この一本の電話をきっかけに、16年振りにメンバーが再会する事になる。

 

オリジナルメンバーでの再始動を計画していたが、ドラムのYAMAKAは連絡が取れず

 

アルバム「LOW FAT RIDER」のレコーディングにも、ドラムチューナーとして参加してもらった、的場誠也氏に新メンバーとして加入してもらう。

 

 

2018年2月、新潟市内のライブハウスにて、十数年ぶりのライブを行う。

 

そして今年の9月2日には、TETSUYAのメモリアルライブイベントも決定しています。

 

 

 

さらに…10月に行われるアノBIGイベントにも参加エントリー中です

乞うご期待…